【期待できるのはドッチ】チャップアップとリアップX5比較してみた?

【期待できるのはドッチ】チャップアップとリアップX5比較してみた?

arrow_under

チャップアップ

 

>>チャップアップを今すぐ試してみる!

 

育毛剤といえば…!?

よくTVCMでみかける「リアップ」を思い浮かべる人が多いと思います。

他にもいろんな効果をうたった商品が多数ありますが、やぱり気になりますよね「リアップ」

 

そこで今回は当サイトで紹介している「チャップアップ」と「リアップ」の比較をして、どちらがより育毛に効果がありそうか?を検証してみたいと思います。

(全て個人的主観ですので、必ず効果を発揮するわけではありませんよw)

 

 

育毛剤といえば?CMで有名な「リアップX5」とは?

リアップが注目されて言う理由はCM効果意外では「発毛効果が医薬品として公的に認められている」という点です。
国内では一般用医薬品として承認番号(22100APX00106000)を取得していて、薬効分類で87267の髪用剤(発毛剤,脱毛剤,染毛剤,養毛剤)として区分されています。
実は「リアップ」は日本より先にアメリカで医薬品として承認された育毛剤として、アメリカ食品医薬品局(FDA)で「壮年性脱毛症に対して発毛効果が認められている」とされています。
これは凄いですね!

 

リアップのターゲットは「壮年性脱毛症」の人に高い効果がある

「リアップ」は何といっても「ミノキシジル」をメイン成分として育毛効果を狙った商品で、100ml中5.0g含まれています。

 

「ミノキシジル」自体の効果は血流を促進して、発毛に必要な栄養が毛母細胞へ届けることで、脱毛症(壮年性脱毛症)には高い効果があることが保証されていて、6ヶ月使用した場合、約7割の人に軽度改善以上の効果があるとメーカーは発表しています。

 

【壮年性脱毛症のパターン】

出典:大正製薬

 

説明書では次の薄毛で悩んでいる方に効果があるとはっきり書いています。

 

  • 頭頂部のO型薄毛タイプ
  • 頭頂部O型+ついでにM字タイプ
  • 頭頂部全体が薄くなるバーコードタイプ

 

特に血管が集中している頭頂部への効果が高いようです。

 

市販されていて誰でも買える!

「だれでも購入できる」というのは大きなメリットです。
リアップは一般用医薬品のリスク区分の「第一類医薬品」に分類されているので、通院して医師の処方箋をもらう必要がないので、取扱店に行けばすぐに買えちゃいます・・・。

 

あ、でも実はちょっとしたやり取りが必要で「取ってレジに行く」・・・という買い方はできません。
商品自体も、だいたいレジの後ろの棚に置いてあって、簡単に手にとってという買い方はされてません。

 

しかも購入するときは必ず「薬剤師」の問診を受ける必要があるんです。
大正製薬が発行する「セルフチェックシート」がお店に設置されているチェック項目をあらかじめチェックし、薬剤師に渡すことで購入できる仕組みに変更されていますが、ちょっとハードル上がりません?
通販の場合でも購入前に販売店から「問診」のようなチェックを受けてから、所定の注意事項を確認しないと購入できません。
これがかなり面倒なんですが、注文後に購入店舗からメールが届く事になっていて、そのメールに返信してお店にいる薬剤師からの返答があってはじめて購入確定となります…。
「売りたくないのかよ?」と思っちゃいますが、それだけ取扱にデリケートな商品といえますよね。

 

「リアップ」はO型頭頂部ハゲ以外のピンポイント育毛はできない

先ほど見せた「壮年性脱毛症」のパターンの中で、「リアップ」が効果を発揮するのは頭頂部のはげに対してのみです!

 

実はリアップが医薬品としての臨床試験を受けた際にわかったことらしいですが、頭頂部が薄毛の人でM字やちょんまげタイプの薄毛の人には、効果が無かったという臨床結果を得ているそうです。

 

つまりピンポイント使いはできない!

 

という事が分かっています。
これはちょっと困りますよね。

 

頭のてっぺんだけ薄毛って…それかなり進行しているじゃん…。
こめかみだけとか、後頭部とかストレス性の500円効果ハゲには聞かないって事ですよね。

 

薄毛で悩んでいる人の多くは、M字や前髪がなくなりつつあって困っている人が多いので、この結果はちょっと悩んでしまいます。

 

結構、高い育毛剤なのでその結果を踏まえると躊躇せざるを得ません。

 

 

「リアップ」が使えない人がいる

これはズバリ若者!
30代以下の若い人や女性には使用してはいけない、あるいは効果がない事がわかっています。

 

これは「壮年性脱毛症」という症状が30代以上に発症することを想定しているからで、実際に効果があるかどうかも確認していないようです。

 

20代の皆さんが薄毛で悩んでいる場合、「リアップ」はカケに近い状態です。
使っても生える保障がありません。

 

 

「リアップ」は対処療法に過ぎない

リアップは「使用してから4ヶ月くらい経たないと効果が分からない」とメーカーはうたっているそうなので即効性もありません。

 

育毛剤あるあるですが、目に見える効果を期待するにはそれなりい時間がかかるので、長期戦で取組む必要があります。

 

しかも「リアップ」は脱毛症の原因を根本から直すものではなく、対症療法にすぎないので、途中でやめるとリバウンドするように薄毛再開する可能性があります。
一度リアップを使い始めたら、効果を現状維持するために使い続けなくてはいけません。

 

他の育毛剤同様に副作用は軽目

「リアップX5」の副作用は頭皮での「発疹、かゆみ、ほてり」などです。

 

平成25年の厚生労働省での調査報告によると、8.82%の発現率がある(副作用がある)ことが報告されています。

 

医薬品ですからね、ある程度の効果はるけど、それなりに副作用が発症するかもしれない…、というリスクがあることは頭に入れておいてください。

 

副作用はすぐに解決できる有効策がないので、個人で意識して気をつけることが私たちにできる唯一の対策です。

 

「リアップ」と「チャップアップ」の価格比較

コストの問題から見ると面白いのが同価格帯で取扱のしやすさにここまで差が出るという事です。

 

「チャップアップ」と「リアップX5」の値段を調べてみました。

 

ちなみに、値段については一番安く買える方法で値段で比較しました。
その結果・・・

チャップアップ育毛ローション (120ml) 定期コース 

7,400円(税込送料無料)

リアップX5(60ml) ネット通販価格

6,458円(税込送料無料条件有り、返品不可

約1,000円差でリアップは安いようですが、これはお店次第。
今回調査した時点では、このような価格差で取扱しているお店をたまたま見つけましたが、いつまでも同じ価格で見つかることはありません。

 

しかも先ほどの薬剤師の問診をクリアする必要があったり、返品が利かないという点では躊躇してしまいます。

 

せっかく買ったのに、自分が効き目のある薄毛タイプに該当していなかったり、4ヶ月以上使っても返品が効かないようでは何のために買ったのかわかりません。

 

 

まとめ

 

価格面から見ると、ネット通販で購入することを考えれば、タイミング次第では安く購入できそうな「リアップ」がいいように思えます。

 

ですが、毎月切れる前にネットで探して見つかればいいですが、いつも同じ価格で変えることは期待できませんし、何よりも副作用や期待していた効果を実感できなかったときのショックはでかいと思います。

 

一度でも買い逃しをすると、それ以降面倒くさくなって継続性が中断されて薄毛リバウンドを起こしてしまいます。

 

その点チャップアップは、天然由来成分のハーブエキスを独自のブレンドで配合した育毛剤で、人に会うこともなくネットで購入することができます。

 

いつでも解約できる定期コースなら、発送タイミングも自分のタイミングで届くように設定できるので、気が付いたらなくなっていた…という薄毛リバウンドを招く恐れがありません。

 

チャップアップは副作用もほとんどないのに多くの人がその効果を実感している育毛剤です。

 

安さに飛びついて効果が期待できない育毛剤より、安定した価格でいつでも返品・解約できる安心感と継続性で、薄毛対策した方が一番あなたの薄毛の悩みを解決できる方法だと思います。

 

arrow_under

チャップアップ

 

>>チャップアップを今すぐ試してみる!