【どっち?】チャップアップの正しい使い方は寝る前?起床後?

【どっち?】チャップの正しい使い方は洗髪前?入浴後?

arrow_under

チャップアップ

 

>>最安値通販サイトを探している人はコチラ!

 

チャップアップには使い方についての説明は書いてありますが、なぜ頭皮全体に育毛剤をかける必要があるのか?とか、どんな状態で使うのがいいのかについての説明は一切書いてありません。

 

せっかく本腰入れて使うからには、少しくらいウンチク知っておいた方が、使い続ける理由もわかっていいとおもうんです。

 

今回はその辺の所を詳しく調べてみました。

 

 

使うベストなタイミングはいつ?

チャップアップを使うタイミングとしては大きく分けて2つのタイミングがあります。

 

 

チャップアップを使うタイミング

入浴後もしくはシャンプーでの洗髪後
夜寝る前1日1回でOK

チャップアップは、長期間・継続して使うと効果が出るので一番習慣化しやすい方法で使うのがいいですよ!
それぞれ、もう少し詳しく説明したいと思います。

 

お風呂前もしくは風呂上り?

チャップアップなどの育毛剤を朝つけるより夜がオススメな理由は、朝のお出かけ前につけると外のホコリなどが頭皮についてしまい毛穴が汚れてしまう可能性があること、汗で塗布した育毛剤が落ちて効果が減る可能性があるので、一番安定した状態でいられる夜に使用するのをオススメしています。

 

育毛剤によっては「朝」と「夜」の2回塗布するのが望ましい、と勧めている商品もあります。その場合は夜はお風呂あがりに、朝は出勤前(朝起きてから)に使うのが効果的です。

 

チャップアップをベストタイミングに使う2つの理由

チャップアップを使うベストタイミングとしてお風呂あがりをオススメしていますが、その理由は2つあります。

 

  1.  

    体があったまっている

    湯船にゆっくりつかると血行が良くなり、育毛剤を塗布した時に成分が吸収されやすくなります。育毛効果を発揮させるには血液循環を促すのが最も基本で重要なポイントとなります。

     

     

  2.  

    頭皮が清潔な状態

    しっかりシャンプーして一日の汚れや毛穴の周りの汚れも落とすことが清潔な頭皮を保てて育毛剤を塗布した時に一番効果を発揮します。

     

 

 

育毛に取組むとき、その有効成分をどうやってたくさん必要なところに届けるか?
これが一番大事なポイントとなります。
そのためにできる事って、けっこうシンプルなんですね。

 

チャップアップをベストタイミングに使う2つの理由

チャップアップはサラサラの液体なので、初めて使った時にしょっちゅう液ダレするので、「液ダレしない程度に量を抑えて使おう」と考える人もいると思いますが、それは間違いです。

 

公式サイトや説明書にも書かれている通り、1回30プッシュして髪の毛が生えている頭全体にまぶしかけてください。

 

育毛剤はピンポイントで使っても、薄毛改善にはならないのです。

 

というのも、薄毛やピンポイントハげの原因は主に頭皮全体での血行不良や男性ホルモンの過剰な分泌が原因で起こっているので、その根本原因を頭皮全体で改善する必要があるからです。

 

特に抜け毛や薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」は、どこでも発生する厄介なホルモンなので、この働きをブロックするために頭皮全体でカバーする必要があります。

 

頭皮全体でカバーすることで、あるところで分泌された「ジヒドロテストステロン(DHT)」をブロックして、他の毛母細胞へこのホルモンが届かなくするようにしなくてはいけないのです。

 

なので、こめかみやつむじ部分だけに使っても意味は無く、頭皮全体の育毛環境を改善する必要があるので、毎回頭全体にふりかけてさらにマッサージすることで血流を高めて育毛成分がきちんと頭皮全体に行き渡るようにしなくてはいけません。

 

AGAのメカニズムとチャップアップの効果

男性型脱毛症(AGA)は頭頂部から薄毛が進行するつむじはげの1つです。

 

よく男性ホルモン「テストステロン」がつむじハゲ原因と聞いたことがあると思いますが、
男性ホルモン「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化してつむじはげの原因となるのです。

 

【AGAのメカニズム】

  1. 頭頂部の毛乳頭細胞(髪の毛1本1本にある細胞で、髪を生やす細胞)に運ばれた男性ホルモン「テストステロン」が「U型5α-リダクターゼ」という還元酵素の働きでさらに強力な男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換される

     

     

  2. ジヒドロテストステロン(DHT)が男性ホルモン受容体と合体(結合)して、毛母細胞の働きが抑えられる
  3. 髪の毛の成長サイクルが短縮する。

 

これがAGAの原因です。

 

とくに男性ホルモン「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変える還元酵素「U型5α-リダクターゼ」の働きを抑える事ができれば、「ジヒドロテストステロン(DHT)」の量を減らすことができて、つむじハゲが改善できることになります。

 

チャップアップはこの「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン(DHT)」が合体(結合)するのを抑える事ができる成分が4つも入っているので、育毛に効果を発揮する事ができるんですよ。

 

睡眠不足で禿げる

AGAのもう一つの原因として、頭皮の血行が悪い状態だと発毛させる毛母細胞に十分な栄養が届きにくくなるので、髪の毛が生えにくくなったり、まだ抜ける予定ではない髪の毛が抜けてしまったりします。

 

特につむじはげは、男性ホルモンの影響を受けやすいM字ハゲと比べて、血行不良で引き起こされることが多く、これを改善するには血行不良を改善することが効果的です。

 

一番手っ取り早いのは「運動」で血行促進すること。

 

チャップアップを普段の頭皮ケアに取り入れながら、軽めの運動を毎日取り入れることで体全体の血行促進をして育毛に必要な栄養を届けやすくするだけで効率よく正常な育毛環境を取り戻すことができます。

 

心地よい疲れがあると、十分な睡眠をとりやすくなるので適度に体力を使って疲れておくのも育毛には必要な要素です。

 

悪い生活習慣が禿げる原因

睡眠不足だと禿げる…。
かなり衝撃的なことですが、これは事実です。

 

その理由は、髪の毛は体の中で修復される優先度が一番低いため、後回しにされるからです。

 

人は夜眠ることで体を休ませて、修復が必要なところへ栄養を行き渡らせ各細胞が補修していきます。ところが睡眠不足になっていると、疲れている体をきちんと補修できないまま朝を迎えてしまい疲れたまま一日を過ごし睡眠時間がますます減る繰り返しになります。

 

すると疲れはたまる一方で疲労はどんどん蓄積していき悪循環に陥っていきます。

 

さらに厄介なのが、例の男性ホルモンが増えてしまいやすいという事。
睡眠不足の状態でいると、寝ている間に優位となる副交感神経が抑えられて、交感神経が優位となるので、男性ホルモンが増加します。

 

こうなると悪循環サイクルが始まってますます薄毛になってしまいます。

 

せっかくチャップアップでケアしても、これでは焼け石に水となってしまいますよね。
そうならないためにも、規則正しい生活習慣と清潔を心がける。
これだけで育毛になるなら続けやすいと思います。

 

今なら、1本の通常価格7,400円のところ、公式サイトで定期コース(1回目から解約可能)を申し込めば送料無料で購入できて永久返金保証書付のキャンペーン中です!
万が一、効果を実感できなくても通常30日間の全額返金保証もついていて超お得ですよ!
キャンペーンをチェックして、お得にゲットしちゃいましょう!

arrow_under

チャップアップ

 

>>最安値通販サイトを探している人はコチラ!


関連ページ

【チャップアップ】いつ使う?どうやって使う?使うタイミングは?
話題の育毛剤チャップアップをどうやって使えば効果的にかつ結果が出やすいのかについて考えてみました。
【使い方】チャップアップを洗髪しないで使っても大丈夫?
チャップアップをせっかく使うなら、有効利用できるタイミングや使い方を知りたくないですか?